脱毛ビフォーアフター

医療脱毛のbefore・afterをチェック

無駄毛の処理方法には色々な種類がありますが、近年主流となりつつあるのが医療脱毛です。(関連資料 … 脱毛 札幌 … 札幌中央クリニック)

主に美容皮膚科や美容外科といった、美容系クリニックで行われている医療脱毛、施術前と施術後のbefore・afterをチェックしてみましょう。before・afterを知ることで、医療脱毛のメリットも自然と見えてくるかもしれません。


まずは医療脱毛の種類を知ろう

医療脱毛のbefore・afterをチェックする前に、まず医療脱毛の種類を把握しておきましょう。現在、医療脱毛といえばレーザー脱毛のことを指すようです。レーザー脱毛は肌にレーザーを照射し、無駄毛を処理していく脱毛法です。

レーザーは黒い色に反応する、特殊な性質を持つものを使用します。このような特性のあるレーザーを肌に当てると、毛根部分にレーザーが集中して集まります。レーザーのエネルギーによって毛根部分の温度は約250度まで上昇し、この熱によって毛根組織を破壊して無駄毛を処理するというのがレーザー脱毛の仕組みです。

最近は施術を行うクリニックは減っているものの、レーザー脱毛が普及する前は医療針脱毛が医療脱毛が主流でした。医療針脱毛は特殊な加工を施した針を毛穴に刺し込み、電流を流して無駄毛を抜くという脱毛法です。レーザー脱毛同様、毛根組織を壊すことで脱毛効果を発揮します。

1本1本無駄毛を処理していくので、医療針脱毛は施術の時間がレーザー脱毛よりもかかります。効率が悪いということから最近は、レーザー脱毛へと切り替えるクリニックが多いようです。ただ、医療針脱毛は確実に気になる無駄毛を処理できるというメリットがあります。

医療脱毛は半永久的に無駄毛が生えない永久脱毛でもある

医療脱毛は半永久的に無駄毛が生えなくなる、永久脱毛でもあります。レーザーなどで破壊した毛根組織は、時間が経過したとしても2度と再生することはありません。ですので医療脱毛を行った部位からは、無駄毛が生えてくることはないのです。

無駄毛が生えてこないということは、煩わしい自己処理をしなくて済むということです。医療脱毛のbeforeはカミソリや毛抜きで、いちいち無駄毛を処理しなければいけません。しかし医療脱毛afterは自己処理しなくても、無駄毛のないツルツルの肌をキープできます。

この差は女性にとって大きな違いと言えるのではないでしょうか。全身の無駄毛を女性が自己処理した場合、約13時間35分の時間を費やすというデータがあります。例えば20歳の女性が60歳になるまで自己処理をするとなると、ケアの時間は約543時間にものぼります。

この時間を日数に換算すると約22日間です。40年間、カミソリや毛抜きで無駄毛を処理すると、22日間もの時間を自己処理に費やすことになるのです。そう考えると、かなり時間がもったいないと感じるのではないでしょうか。

医療脱毛をすることで、自己処理にかかっていた余計な時間が無くなります。貴重な時間を無駄毛処理に使わずに済むという点は、医療脱毛の大きなメリットと言えます。

自己処理しないメリット

半永久的に無駄毛が生えなくなる医療脱毛は、カミソリや毛抜きで自己処理する必要がなくなります。自己処理をしなくて良いようになることで、得られるメリットにはどのような点が挙げられるのでしょうか。まず、自己処理で起こる肌トラブルを軽減することが可能です。

カミソリで除毛するとカミソリ負けを起こすなど、肌トラブルを起こす女性も少なくありません。医療脱毛を受ければカミソリで除毛しなくても、無駄毛が気にならない状態をキープできるので、肌トラブルの軽減に繋がるのです。

カミソリだけでなく毛抜きを使っていた人も、肌のトラブルから解放されます。毛抜きで無駄毛を抜くと毛穴が広がったり、毛嚢炎などの毛穴トラブルを招きがちです。医療脱毛beforeだと自己処理で無駄毛が無い状態にできたとしても、毛穴が目立ったり肌が赤くなるなどのトラブルが起こり、決して美肌とは言えません。

医療脱毛afterの肌は無駄毛が目立たないだけでなく、自己処理をしなくなったおかげで美肌になるという違いが出てきます。

剛毛の悩みも医療脱毛で解決

無駄毛が濃い・太い・多いといった、剛毛がコンプレックスだという女性も意外と多いようです。「剛毛だから脱毛を受けても、キレイに無駄毛が抜けないかも」と、不安に感じている人もいるのではないでしょうか。実は医療脱毛は、剛毛に悩んでいる人にこそ受けて欲しい脱毛法です。

現在、医療脱毛の主流となっているレーザー脱毛は、細い無駄毛よりも剛毛のほうがより高い脱毛効果を発揮します。レーザー脱毛は黒い色に反応して、無駄毛を脱毛するという特徴があります。剛毛の人のほうがよりレーザーが反応しやすく、結果的に脱毛の効果も高く現れるのです。

剛毛がコンプレックスという人がカミソリで除毛をした場合、無駄毛の断面が黒く目立ってしまいます。また、剃っても剃っても無駄毛が伸びてくるという、経験を持つ人も多いのではないでしょうか。剛毛だから一生懸命、自己処理を頑張っても毛穴が目立ったり、すぐに無駄毛が伸びてしまうとケアのモチベーションも下がってしまいます。

剛毛でもしっかり脱毛できる医療脱毛を受けることで、無駄毛の悩み・コンプレックスが解消され、自分の肌にも自信を持つことができるようになるでしょう。

全身の無駄毛を医療脱毛で処理できる

医療脱毛は全身の無駄毛を処理することが可能です。女性が特に気になるワキも、医療脱毛であればツルツルになるまで脱毛することができます。また背中など手の届きにくい部位や、Vライン・Iライン・Oラインといったアンダーヘアを、医療脱毛でケアする女性が増えているようです。

手が届きにくい部位、また自己処理が難しいデリケートゾーンの無駄毛は、気にはなっていても放置してしまいがちです。医療脱毛でこのような部位を脱毛することで、女性としての自信・魅力がアップします。また、医療脱毛で顔の産毛も脱毛すると、肌がワントーン明るくなるという効果を得られます。

産毛があると、どうしても肌はワントーン暗く見えてしまいがちです。また産毛が邪魔をして化粧ノリも悪くなります。医療脱毛beforeだと何となく暗く見えていた肌が、afterだとパッと明るく華やかに見えるようになります。

Scroll To Top